トラック売却での必要書類について

 

トラックの買取でも自家用車の買取でも、買取り業社に手放す際には、面倒な書類の手続きはすべて業者が代行してくれます。そのため、業者に言われた書類を準備しておけば、トラック買取.comなら即日現金買取で契約が成立します。トラックを売却する際に必要となる書類にはいくつかあり、例えば車検証、納税証明書、自賠責証明書、リサイクル券など、普段からトラック内に積んでいる書類はすべて必要となります。もしも紛失してしまった場合には、再発行してもらう必要がありますので、トラックの売却を希望している場合には時間に余裕を持って再発行してもらっておいてください。

 

また、トラックを業務用として使っていた場合には、車検証に記載されている会社の代表者の印鑑証明書なども必要になります。ただし、印鑑証明書は買取り業社によって有効期間がついていることが多く、1か月以内〜2か月以内に発行されたものでなければいけません。そのため、トラック買取.comからの査定マンが出張してくるギリギリの時に印鑑証明書は取り寄せたほうが良いでしょう。

 

その他、トラックの買取査定では陸運局に足を運んでの手続きは全て、トラック買取.comが代行して行います。その際には、委任状などが必要となりますが、必要な書類はすべてトラック買取.comが持っているので、契約する際にはその書類にサインするだけでOKです。本人であることを確認するために印鑑証明書が必要となるわけですから、委任状に署名捺印する際に使う印鑑は、印鑑証明書で使用したものを使うようにしてくださいね。

 

こうした必要書類は、普段車の中にしっかり書類を管理していれば問題なく手元にある書類ばかりですし、トラックの買取の際だけでなく、車検を受けたり税金を払う際に必要となる書類ばかりです。もしも出張査定を受けても買取金額が気に入らずにやっぱり手放さないとした場合でも、こうした書類をそろえておくことは後から役に立ちますので、この機会に是非書類のチェックをしてみてください。

 

トラック買取.comの詳細はこちら



トラック売却時の必要書類の確認

 

トラックを業者に売却する際には、必要書類がいくつかあります。買取査定に満足しても必要書類がそろっていなければ買い取ってもらうことはできないので、あらかじめ確認して準備しておかなければいけません。必要な書類はそれほど多くはありませんし、特別入手することが困難なものもありません。自動車関係の書類を全て保管している人なら、取り寄せなければいけない書類はごくわずかです。

 

まず、トラック車内に保管している書類を確認してみましょう。必ず必要になるのは、車検証と自動車納税証明書、自賠責保険証明書です。これらはトラックに限らず大半の場合には車内に保管していることが多いので、まずは確認しましょう。もしも紛失している場合には、再発行してもらわなければいけません。

 

市町村役所から取り寄せる書類もあります。印鑑証明書ですね。印鑑証明書は書類に捺印する印鑑が実印であることを証明するために必要になるもので、実印を紛失した場合には新たに実印登録をした上で発行しなければいけません。また、事業所移転などで転出届を出す予定になっている場合には、転出届を提出した後では印鑑証明書を発行してもらうことができなくなってしまうので、転出届を出す前に印鑑証明書を少し多めに取り寄せておいた方が安心です。

 

買取に必要な書類の中には、業者が準備してくれるものもあります。例えば委任状とか譲渡証明書などは、業者が持ってきてくれることが多く、その書類に実印を捺印するだけでOKです。また、トラックのナンバープレートが緑色の場合には事業用自動車等連絡書が必要となりますが、これもトラック買取.comなどの買取業者が準備してくれるので、捺印をするだけとなります。

 

これらの書類は、すべてトラックの売却時に必要となります。不動車や事故車など、どんな状態の場合にも売却時には必要となるので、車の台数だけ書類をきちんとそろえておかなければいけません。不足していると買い取ってもらうことができないので注意してくださいね。

 

トラック買取.com公式サイトはこちら